ウォーターサーバーのボトル方式の違いによる特徴

ウォーターサーバーを自宅に置くときには、水宅配業者に水を配達してもらうことになります。知名度の高いメーカーを選択しておけば、水の品質については確保されていますので安心して綺麗な水を飲むことが可能です。宅配方式についてはパックや使い捨て容器を使用したワンウェイ方式と、業者が空のボトルを回収しにくいボトル式に分けることができます。ワンウェイ方式のメリットは、飲み切った後に空の容器を小さくして捨てることができる点と、空気に触れることなく衛生的に保たれた水を飲むことが可能な点があります。

ワンウェイ方式のデメリットは、エア抜きの手間がかかることと、ウォーターパックの刺す場所を間違えたときに、ビニールに穴が開いてしまう可能性がある点と言えます。ボトル方式のメリットは、水漏れの心配がほとんどないことと、交換するときに差し込むだけで簡単に済ませることが可能な点があります。ボトル方式のデメリットは、空になったボトルを業者が回収しにくるまで保管しておかなければならないこと、12Lのボトルの場合に交換が大変になってしまう点が挙げられます。ボトル方式のウォーターサーバーを設置するときには、ボトルを設置するときの重さが大変になりますので、7Lほどの重さのメーカーを選択しておくことがおすすめと言えます。

どちらのボトル方式を採用しているウォーターサーバーのメーカーの場合でも、最新の機種になればデメリット面が改善されている傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です