トイレつまりや水漏れなどのトラブル

トイレにかかわるトラブルとして、つまりや水漏れを挙げることができます。トラブルが発生してしまう原因として、部品の劣化や水圧不足、異物を流したことなどが挙げられるでしょう。トイレの使用寿命は製品によって異なりますが、およそ10年程度だといわれています。便器部分は10年以上長持ちすることもありますが、その場合もタンク内の部品など目に見えていない部分で劣化が進んでいる可能性があります。

パッキンや配管に劣化が生じると、水があふれるなどのトラブルが生じかねません。使用寿命が近付いてきたら、部品等に問題がないか点検を行っておいたほうが安心です。また使用頻度が高い場合、製品の耐用年数よりも前に、配管等が劣化してしまう可能性もあります。異音がしたり、流した後水がなかなか止まらないなどの異変が生じたら、大きなトラブルを引き起こしてしまう前に、修理点検を行いましょう。

一度に大量のトイレットペーパーを流したり、便器内に異物を落としてしまうと、つまりトラブルを引き起こす原因となります。つまった状態のまま無理水を流そうとすると、便器内から溢れたり漏れるといったトラブルに発展するかもしれません。つまりや漏れなどのトラブルが生じたら、汚水による被害を広げないよう早めに修理を行うことが大切です。古いトイレを長く使用しているという場合は、故障などの問題が起きる前に配管の交換や、リフォームを検討しておくと良いでしょう。

岡山のトイレの水漏れのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です