技能実習生をカンボジアから受け入れする

今、政府ではさまざまな発展途上国への救援をしています。

その中で、カンボジアなどの発展途上国からの技能実習生の受け入れも行っています。それを受け入れている企業も増えていますし、それはボランティア的な要素もかなり含まれています。世界のために貢献できる方法として、カンボジアからの技能実習生を受け入れるということもできます。



もちろん、言葉が通じないということで最初は苦労することもありますし、文化の違いなどもありますので、色々な意味で教育をしていくという手間がかかるということも出てくるでしょう。


しかし、習得した技術をカンボジアに技能実習生が持ち帰り、それを生かして社会貢献することにもつながりますし、もちろん、そのカンボジア技能実習生にとっての将来的な希望を持ってもらうこともできます。
政府として、補助が出る場合もありますし、興味をお持ちの企業の方は相談してみる事をおすすめします。

カンボジアの技能実習生を理解するには正しい知識が必要です。

また、そこで働いてもらうということ言うことでの実習となるので、給与などの支払もありますが、日本人の場合よりも賃金を抑えるということが可能ですので、技術がうまくなってきたときには、企業としてのメリットも出てくる場合もあります。



双方にとって大きなメリットとなることもありますし、何よりも社会的な貢献ができるという意味でも、おすすめです。


まだあまり知られていない場合もありますし、具体的な事は相談をしてみる事から始めてみましょう。