増加しているカンボジアの技能実習生

category01

現在の日本社会は、人口減少に向かって進んでいっています。

少子高齢化を迎えると言いながらも、効果的な施策がなされないまま、超高齢化を迎えてしまいました。

しかし、まだそのピークはやって来ていません。

高齢者の人数がピークを迎えるのは2025年だと言われていて、その後、人口減少が進み、2050年には日本の人口は8000万人台になると考えられているのです。

カンボジアの研修生のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

そこで問題になることはたくさんありますが、経済を支える企業が元気ではなくては、個人の生活が苦しくなるだけではなく、日本は破綻してしまいます。
子供の数を増やすことが、そうならないための絶対的な条件になりますが、今のところ問題となっている待機児童の問題も、経済的な不安による出産の自粛も、施策が効果的だとは言える状況ではありません。そんな中で企業は、人材を確保しなくてはならないのです。



そこで利用しているのが、海外からの技能実習生です。



以前は中国人などが多かったのですが、さまざまな理由で中国人の人材のマーケットは縮小しています。

そして現在では、カンボジアの技能実習生が増えてきています。


カンボジアでは、経済成長の兆しがあるものの、まだ豊かであるとは言えません。

そんな中で、20代のこれから働き盛りになる人口がピークとなっているのです。
そのため、日本の人材を扱う企業が、カンボジアの現地で研修を行い、日本の企業へ技能実習生として送り込むサービスを展開し、活発化しているのです。

学びたい知識

category02

今、日本では技能実習生を受け入れるという制度が行われています。先進国として、発展途上国のカンボジアであったり、その他の国からも、技能実習生を受け入れる事で、日本で学んだ技術をその国(カンボジア、中国、そのほかの国)に持ち帰り、それを生かして、その国のためにもなりますし、その人自身の生活のためにもなりますし、とても重宝されているシステムです。...

subpage

社会関係の情報

category02

日本には国外から技能実習生を受け入れるという、技能実習制度というものがあります。技能実習制度とは、先進国としての日本が国際社会としての調和を図り発展していくために開発途上国の発展に力を貸して、技術技能を持った「人づくり」に協力することです。...

subpage

情報分析

category03

日本という国で日本人だけの労働力だけでは人材不足を補う事が難しく、今度さらに人材獲得が難しくなると言われている現代において、海外の技能実習生を受け入れる企業が増えてきました。中でも、東南アジアの人材を受け入れる企業が増え、現在も多くのアジア人技能実習生が日本で働いています。...

subpage

社会関係の真実

category04

今、政府ではさまざまな発展途上国への救援をしています。その中で、カンボジアなどの発展途上国からの技能実習生の受け入れも行っています。...

subpage