カンボジアからの技能実習生の受け入れ

今、日本では技能実習生を受け入れるという制度が行われています。



先進国として、発展途上国のカンボジアであったり、その他の国からも、技能実習生を受け入れる事で、日本で学んだ技術をその国(カンボジア、中国、そのほかの国)に持ち帰り、それを生かして、その国のためにもなりますし、その人自身の生活のためにもなりますし、とても重宝されているシステムです。
受け入れを行っている企業も増えていて、それはボランティア感覚で行われているという傾向もあります。

カンボジアの人材派遣関連情報サイトです。

やはり言葉も通じないこともありますし、最初は苦労することもたくさんあります。

カンボジアとは文化の違いもありますので、意思疎通が取りづらかったり、その仕事を覚えるまでにも時間がかかることもあります。しかし、技能実習生として受け入れている異常、責任を持って対応するということで、社会的にも貢献できるということになります。
評価されていることでもありますし、受け入れを検討されている企業は相談してみると良いでしょう。

もちろん、給料として少額ではありますが支払いをすることになりますので、雇用主という感覚にもなるわけですが、その額は一般的に補助がされたりして、企業としてはあまり負担にならないことも多いです。

そうなりますと、良い働き手になった時に、企業としてもメリットが発生することにもなりますし、良い点というのものが出てくる場合もあります。

どちらにしても、カンボジアのためになることでもあります。