近年注目のカンボジアの技能実習生受け入れ

日本という国で日本人だけの労働力だけでは人材不足を補う事が難しく、今度さらに人材獲得が難しくなると言われている現代において、海外の技能実習生を受け入れる企業が増えてきました。中でも、東南アジアの人材を受け入れる企業が増え、現在も多くのアジア人技能実習生が日本で働いています。


そんな技能実習生の中でもカンボジア人が近年注目されており、国民性等を踏まえ多くの日本企業で採用される様になりました。

カンボジアの人材派遣に関する詳細です。

カンボジア人の中には、日本で働く事を夢見ている人も多く、日本でいつかは働きたいという高いモチベーションを持った人が多い特徴があります。


真面目な国民性もあり、学んだ事を着実にこなす傾向は、日本人にとっても非常に働きやすい人材とも言えるでしょう。
そんなカンボジア人を受け入れる際には、まず現地で候補となる人材を面接する必要があります。



現地ですでに日本の技術や簡単な日本語は学んでいますが、まだまだ流暢に話しが出来る訳ではないため、通訳を通じての面接となる事が多いですが、その中から有能な人材を見つける事が出来る事でしょう。

実際に採用する人材が決まった場合、日本で働くための手続きが必要となりますので、そこから4か月程度は手続きの期間となります。

そして手続きが無事終了すると日本での就業が可能となり、最大3年間技能実習生として受け入れる事が可能です。
期間は最大3年間となりますが、3年経過した後は、また別の人材を受け入れる事が出来ますので、長期的に検討した上で受け入れ態勢を整える事をお勧めします。