カンボジアからの技能実習生の受け入れ

日本には国外から技能実習生を受け入れるという、技能実習制度というものがあります。



技能実習制度とは、先進国としての日本が国際社会としての調和を図り発展していくために開発途上国の発展に力を貸して、技術技能を持った「人づくり」に協力することです。



現在は様々な国から技能実習生が渡航しています。

その中でもカンボジアからの渡航人数が多いです。

日本に技能実習に来る際にはカンボジアで技能実習生に対して日本語の研修が行われます。
ある程度のコミュニケーションが取れるまで研修を行い、また健康診断を行い日本に来て実習することができる状態であるかを確認しています。

その他にも技能実習中に日本で困ることのないように、様々な準備がされています。
受け入れる日本の会社は毎月の給料の他に、実習生の渡航費用やカンボジアでの研修費などの様々な費用を負担します。

また毎月の給料は都道府県ごとに決められている最低賃金より上回ることが必要となります。
実習生は日本の様々な法律により守られます。

そのため、日本人スタッフと同じように雇用保険や健康保険や年金などの保険加入が必要になります。

また日本人のスタッフと同じく、原則として1日8時間以内・1週間40時間以内という労働時間が適用されます。
実習時間が決められた時間を超えた場合には、それに合った給料を支払わなければなりません。
また実習生の住まいを受け入れる会社が確保し、必要最低限の家電なども揃えなければいけない場合もあります。

カンボジアの外国人研修生はとにかくお勧めです。